住宅ローン・銀行選びでお悩みですか

【通話料無料】お電話でのお問い合せ

フリーダイヤル0120-929-943

営業時間/ 9:00〜22:00 年中無休

ネットからのご相談予約(完全予約制)

フラット35借り換え効果を自分でシミュレーションする方法

マイホーム購入

フラット35の借り換え効果を自分で確認する方法

まさかこんなに借り換え効果があるとは思わなかったとは借り換えの申し込みが終わったお客様が言った言葉です。またこんなに金利が低くなるならあと半年借換えを待てばよかったとも言われるくらい急激に金利が低下しているのがフラット35の金利です。

住宅ローンの借換え効果はすなわち老後まで支払う金額の削減であり老後資金を確保するのに今や住宅ローンの借換えと生命保険の見直しは必需となっています。

ですが残念ながらこのチャンスを銀行に相談に行くので惜しくも見逃すことになり老後資金のプランを作ることなしに住宅ローンのみを見直して終わってしまっているのが現状です。まあ、それでも住宅ローンだけでも見直すならいいのかもしれませんが。

ただ出来れば住宅ローンだけでなく、この機会に生命保険や確定拠出年金も一緒に見直せば老後資金の効果はさらに大きいのですが重ねがさね残念だと言わざるをえません。

さて先週日曜日の完全予約制セミナーではフラット35の借り換えシミュレーションをやりましたが、自分で借り換え効果を確認するにはどうしたらいいのかという質問がありました。

そこで今回は自分で確認する場合のフラット35の借り換え効果と題してその方法を書いてみたいと思います。

まずは現在のフラット35を確認してみる。

まず最初にすることは現在のフラット35やフラット35Sの契約で残り期間いくら支払うことになるのかの計算をします。用意するものは返済予定表です。

スクリーンショット 2016-07-21 17.23.52

 

このあと返済予定表で支払額を計算しやすいようにするためにエクセルで出力します。ここでは誰でも簡単にできるように『ミカローン』を使うことにします。

ミカローン(高機能住宅ローンシュミレーター)

次に返済予定表の通りに入力していきます。

必要な箇所
 1、融資金額  
 2、支払期間
 3、利率

 

スクリーンショット 2016-07-21 16.47.26 スクリーンショット 2016-07-21 16.50.58

 

ローン金額から年数、ローン開始年月設定するにチェックして9月と入力。金利設定をしていき終わったら下の方にあるシミュレーション実行ボタンをクリックします。

画面が変わってシミュレーションされた計算に間違いないか確認しながら下にスクロールしていくと償還表と書かれたところがあります。償還表をダウンローンボタンをクリックしてください。ダウンロードするとエクセルが出てきてこのような画面が出てくると思います。

 

スクリーンショット 2016-07-21 16.57.48

 

 

これを自分で見やすいように加工するといいでしょう。たとえば私は回数を知れて不要なところは削除してしまいます。こんな感じです。

スクリーンショット 2016-07-21 17.04.33

 

いかがでしょうか。回数・支払年月日・返済額・元本・利息・元本残高のみにしてみましました。

ここまでくれば現在、たとえば平成28年7月の所まで下にスクロールしてみると現在の元本残高がわかるかと思います。この表では25,438,645円となっています。ここからあとの金額を足せば残り金利込みでいくら支払うかがわかります。

 

 

スクリーンショット 2016-07-21 17.13.23

 

 

借り換え後のシミュレーション

現在のフラット35Sではあと33,513,677円支払うことがわかったので次に借り換えた場合のシミュレーションをしてみます。上記の表を見ると現在の元本残高は25,438,645円になっているのがわかります。支払い年数は現在59回目なのであと30年となります。

借り換えに必要な諸費用は以下です。

1、手数料2.16%
2、登記費用
3、印紙代20000円

 

仮に元本残高2544万円として登記費用が22万円、印紙代2万円とするとこの合計が2568万円となります。これに手数料2.14%で計算すると約55万円となり合計が2623万円が借り換えのローン金額となります。

1、元本残高  2544万円
2、手数料     55万円
3、登記費用    22万円
4、印紙代      2万円
  合計    2568万円   

 

これを現在のフラット35の金利でシミュレーション

1、ローン金額   2568万円
2、支払い年数     30年
3、金利      0.93%

 

スクリーンショット 2016-07-21 17.41.53

 

 

この数字を先ほどの『ミカローン』に入力しシミュレーションを実行ボタンを押すと結果が出てきます。

スクリーンショット 2016-07-21 17.44.14

 

シミュレーションの結果を見ると月の支払いは81774円となり残りの支払い合計は29,438,439円であることがわかります。

あとは引き算すれば借り換え効果が出てきます。

フラット35借り換え効果
33,513,677円 ー 29438439円=4075238円

いかがでしょうか。ご自分でシミュレーションできそうでしょうか。まずはここに書いた手順でやってみてください。効果の大きいことがわかっていただけたかと思いますし、ご自分でシミュレーションする価値があることもわかったのではないでしょうか。

フラット35の借り換えは相談無料

やってみた結果どうしてもできない、またはめんどくさいと思った方もいるのではないでしょうか。その場合はプロに任せてみてはいかがでしょうか。

またやってみて効果が大きいことがわかったのだけど実際に借り換えは誰に相談したらいいかわからない方もいるのではないでしょうか。その場合は遠慮なく弊社までご連絡ください。

弊社で借り換えのお手続きをさせていただきます。以下までご連絡ください。

永野FPオフィス 通話無料 0120−929−943 担当 FP 永野 修

ライフプランを使った保険見直しや住宅ローンに関してお気軽にお問い合せください。

【通話料無料】お電話でのお問い合せ

フリーダイヤル0120-929-943

営業時間/ 9:00〜22:00 年中無休

小松士郎のラジオのたまご 12月24日ラジオ出演 RKKラジオ「情報ソムリエ」

FPとの出会いが人生を変える
永野FPオフィス FP永野 修

Office:熊本市中央区水前寺4-54-21

お問い合せはこちら

【通話料無料】お電話でのお問い合せ

フリーダイヤル0120-929-943

営業時間/ 9:00〜22:00 年中無休

ネットからのご相談予約(完全予約制)

FP永野のブログ 毎日更新