住宅ローン・銀行選びでお悩みですか

【通話料無料】お電話でのお問い合せ

フリーダイヤル0120-929-943

営業時間/ 9:00〜22:00 年中無休

ネットからのご相談予約(完全予約制)

火元になり隣の家が燃えたらどうする ~類焼損害

f5acc263501f73e212c8eb3ec2e4edb8_s

隣の家を燃やしたあなたの責任は

昨日、火災保険を選ぶ際のポイントで火元になったときどのような保障が必要なのかを説明したら偶然でしょうか、同じ質問を2件うけました。この話は民法の話も絡んできますができるだけわかりやすく解説したいと思います。まず、この話を理解するには失火法の理解を避けて通れません。

 

失火法とは

==============================
民法第七百九条ノ規定ハ失火ノ場合ニハ之ヲ適用セス
但シ失火者ニ重大ナル過失アリタルトキハ此ノ限ニ在ラス

民法第709条の規定は失火の場合はこれを適用せず
ただし失火者に重大なる過失がありたるときはこの限りにあらず
==============================

簡単に言えば自分の家から失火してしまった場合軽過失である場合は賠償責任を負わないが重過失の場合は負うということです。では火災保険ではなにが違うのでしょうか。簡単に言うと軽過失であれば類焼損害、重過失なら個人賠償責任保険でカバーします。

個人賠償責任保険と類焼損害の違いとは

個人賠償責任保険とは、賠償の責任が法的にある場合に有効な保障です。この失火法の記述で言えば軽過失と判定された場合では法的賠償責任がないので個人賠償責任保険は使えないのです。そこで軽過失の時には類焼損害で相手の家の保障をします。

類焼損害は賠償の責任に関係なく使えます。例えば隣の家の火災保険の保険金額が足らない場合や家財の保障がない場合などで使います。そんなときに役に立つ保障がこの類焼損害です。

類焼損害は付ける必要がなるのか

やはり火元になって隣の家に賠償責任がないとはいえ『ごめんなさい』とアタマを下げて許してくれるものではありません。最悪そこに住むことができなくなります。

軽過失であれ重過失であれ火災の火元は重い精神的、経済的損失を負います。せめて経済的な損失だけでも防ぎたい。それに必要なのが類焼損害と個人賠償責任保険になります。

わたしはお客様に上記のことを詳しく説明してできる限りつけてもらうようにしています。お客様の暮らしを守るのが私の仕事です。

まとめ

まとめるとこうなります。

自分の家が火元     ⇒ 自分の家の保障・・・火災保険
            ⇒ 他人の家の保障・・・類焼損害(軽過失)
            ⇒        ・・・個人賠償(重過失)

保険料は大事ですが自分の家計を守るのはもっと大事です。お金のことを考えるときには必ず時間的考慮も入れるようにしてください。未来はなにが起こるかわかりません。なんといっても火災の第一原因は放火です。たとえ自分が悪くない火災を起こしてしまったな愛であったとしても自分の身は守らないといけません。

是非マイホーム購入で火災保険を考えるときには考慮に入れてください。

ライフプランを使った保険見直しや住宅ローンに関してお気軽にお問い合せください。

【通話料無料】お電話でのお問い合せ

フリーダイヤル0120-929-943

営業時間/ 9:00〜22:00 年中無休

小松士郎のラジオのたまご 12月24日ラジオ出演 RKKラジオ「情報ソムリエ」

FPとの出会いが人生を変える
永野FPオフィス FP永野 修

〒861-8003 熊本市北区楠2-4-5
Office:熊本市中央区水前寺4-54-21

お問い合せはこちら

【通話料無料】お電話でのお問い合せ

フリーダイヤル0120-929-943

営業時間/ 9:00〜22:00 年中無休

ネットからのご相談予約(完全予約制)

FP永野のブログ 毎日更新

新着ブログ記事もっと見る