住宅ローン・銀行選びでお悩みですか

【通話料無料】お電話でのお問い合せ

フリーダイヤル0120-929-943

営業時間/ 9:00〜22:00 年中無休

ネットからのご相談予約(完全予約制)

変動金利なら0.6%以上を第一候補にしてはいけない理由とは!

住宅購入

住宅ローンは変動金利なら0.6%以下にすべし

続々と届くメールに電話。

『無事にできました。』
『仮審査承認になりました。』
『この項目はどうすればいいですか?』

 

これ、なんの連絡だと思いますか?そうです!ネット銀行に申し込みしたお客様の報告です。ハウスメーカーに提案された提携ローンよりもネット銀行を選んだ方々です。

あなたは住宅ローンを使うとき金利は気にしますよね。私も気にします。なぜならトータルの支払額が大きく変わるからです。

具体的にいくら変わるか知っていますか?

そうです。

約200万円から300万円変わるのです。この金額は本当に大きいと思います。なぜならこの勿体無い金額の影響はもろに教育資金へと行きます。

スクリーンショット 2017-02-04 14.26.20

 

でも教育資金はまだいいのです。なぜなら奨学金を借りれることでその影響を最小限にできるからです。ですがこの奨学金がちょっと曲者なのです。

奨学金を借りるとどうなるのか。

奨学金の支払いはお子様が卒業して半年後に始まります。つまり通常はお子様の教育資金の支出が終わった時がいよいよ老後資金を貯める絶好の時なのです。

しかしその絶好の時期に今度は奨学金の返済が始まるのです。それではいつ老後資金を準備するのでしょうか。あまりにも先のためにピンとこないかもしれませんが重大な問題だと思いませんか?

だからこそ熊本では住宅ローンの金利は大事なのです。

まずは変動金利か固定金利かを考える

そうは言っても住宅ローンに正解はありません。金利が低い変動金利を選ぶのか、金利が変わらない安心感のあるフラット35を選ぶのか。

将来の金利はどうなるのか誰にもわかりませんので金利が変わるのが怖い方はフラット35でも構わないのです。

では住宅ローンで1番多くつかわれている変動金利ではどうでしょうか。当オフィスでは綿密にシミュレーションをして2つか3つの銀行に申し込みを入れていただいています。

そして第一候補は必ず金利の低い銀行、ネット銀行の0.5%の住宅ローンの申し込みをしていただいています。最初の連絡はこの報告だったのです。

現在の変動金利の金利状況はこんな感じになっています。

スクリーンショット 2017-02-04 12.28.01

 

変動金利では0.5%前後から0.6%前後が中心となっています。あなたがハウスメーカーから提案された住宅ローン金利はいくつになっていますか?まずは第一候補として0.5%の住宅ローンでいいと思うのですがいかがでしょうか?

熊本の住宅ローンは高い

4月の地震以降住宅購入のお客様が増えている関係でたくさんのハウスメーカーの見積もりを見ます。住宅ローンの欄を見ると判を押したように肥後銀行になっています。

金利を見るとハウスメーカーによって金利が違うこともあるようですが概ね変動金利0.95%かもしくは10年固定0.9%になっていることが多いです。

それでも0.5%との違いは歴然としておりその差は大きい。ただし金利が低いネット銀行は手数料がかかりますが肥後銀行、熊本銀行は保証料なしの場合があります。

どちらにしても綿密な比較シミュレーションをしてネット銀行も提携ローンも申し込みするのが熊本での賢い住宅ローン選びと言えます。

ハウスメーカーはネット銀行には全くと言っていいほど詳しくないです。自分で調べるか、当オフィスのように使い慣れたFPに聞くかするしかないです。

お客様のためにというなら様々なローンを提示した上で選べるのが普通のように思うのですがそういう業界ではないのです

だからこそお客様は自分で自分にあった住宅ローンを選ぶ必要があるのです。もう住宅ローンは自分で選ぶ時代なのです。

スマホを片手に情報はすぐそこにあるのですから!

ネット銀行でなくても

今回地震の影響で一部損もしくは半損の認定を受けている場合でも住宅ローンの第一候補はネット銀行で変わりありません。

第一候補は決まりなのですが2番手、3番手はどこの銀行にするのかは提携ローンの肥後銀行の保証料が必要か、不要かによって選択が変わります。

もし保証料が0.2%もしくは0.35%必要と言われた場合は第2候補は0.6%近くの銀行が候補に上がります。例えばみずほ銀行など0.6%で保証料0.2%で0.8%となっています。

マンションや建売の場合は三井住友信託銀行の0.6%も候補になります。

このように変動金利であればまずは金利を最優先に候補に入れるのが老後資金も安心できる住宅ローン選びとなります。

それ以外にも住宅ローンは沢山あります。シミュレーションすらしないで選んでいるのが熊本の現状なのでシミュレーションした時点で賢い住宅ローン選びのスタートラインに乗ったと言えます。

 

ネット銀行の本審査はちょっと大変かも

仮審査の承認は翌日もしくは2日後には連絡があるのですが本番はここからです。当オフィスでは楽天銀行をかなり利用していますがお客様と一緒に必要書類の準備をしています。

なぜ手伝うのか?

それは何がなんだかわからない書類が多いからです。法務局に行ったことも方も多いでしょうし、公図と言ってもわからない方も多いことでしょう。

つなぎ融資に必要な現場や標識の写真でも何が何だかわからない方がほとんどなのです。これがお客様を悩ませ断念しそうになる原因です。

それがわかっているので一緒に書類のチェックをしたりしてお手伝いしているのです。

ですがその苦労が報われた時、金利が低いということは月々の支払いが安いという勲章が手に入るのです。老後資金を考えた時にはやる価値は大きいのです。

現在10人以上の方の住宅ローン、その大半はネット銀行のローンを一緒に手続きしています。あなたの住宅ローン金利はいくつですか

その金利でいいのでしょうか。一緒にシミュレーションしてみませんか?

永野FPオフィス相談料

 

通話無料 0120−929−943 担当 FP永野 修

ライフプランを使った保険見直しや住宅ローンに関してお気軽にお問い合せください。

【通話料無料】お電話でのお問い合せ

フリーダイヤル0120-929-943

営業時間/ 9:00〜22:00 年中無休

小松士郎のラジオのたまご 12月24日ラジオ出演 RKKラジオ「情報ソムリエ」

FPとの出会いが人生を変える
永野FPオフィス FP永野 修

〒861-8003 熊本市北区楠2-4-5
Office:熊本市中央区水前寺4-54-21

お問い合せはこちら

【通話料無料】お電話でのお問い合せ

フリーダイヤル0120-929-943

営業時間/ 9:00〜22:00 年中無休

ネットからのご相談予約(完全予約制)

FP永野のブログ 毎日更新

新着ブログ記事もっと見る