住宅ローン・銀行選びでお悩みですか

【通話料無料】お電話でのお問い合せ

フリーダイヤル0120-929-943

営業時間/ 9:00〜22:00 年中無休

ネットからのご相談予約(完全予約制)

住宅ローンを支払うためのがん保険とは

af9920051856x

がん保険の選び方とは

今年の入り身内をがんで数人亡くしました。
闘病生活をしている人も何人かいます。
すごく多い気がするがん患者。

がんという病気ではいくらぐらいお金がかかるのでしょうか
アフラックが調査したがん経験者の意見を聞いてみたいと思います。
これが実態なのでしょう。

100万円あれば65%ぐらいの方が足りると言っています。
200万円であれば86%の方が足りたと答えています。
ということは200万円というのが一つの目安になりそうです。

では1度がんのかかった方がもし今、備えるとしたら
どうすると答えているのでしょうか

やはり早期発見、そしてお金ということでしょう。
それを貯蓄でするのか、それとも保険でするのか
ではがん保険で考えるならどんな保障がいいか考えます。

がん経験者が闘病中どんな心配をしていたのでしょうか
同じくアフラックのアンケートから見てみます。
するとこんな感じです。

再発したからと言って治療費がディスカウントされるわけではありません。
何度でも200万円用意できるように備えることで
安心ながん保険と言えるのではないでしょうか。

このことから住宅ローンをしっかり払うためのがん保険の結論は以下のなります。

1、診断給付金100万円以上できれば200万円程度
2、診断給付金が再発に備えて複数回でること
3、セカンドオピニオンサービスが充実していること

また命の心配にも対応したいところです。それにはセカンドオピニオンサービスが付いている保険を選びたいところです。納得してがん治療したい、いい医者に診てほしい、そして経済的にも心配したくないということを満たしてくれます。

がん保険も以前のように1日1万円、診断給付金100万円という判で押したような保障の時代は終わったかもしれません。多種多様ながん保険の中からあなたに状況に合うがん保険を選べばいいと思います。

もう1つ言っておきたいのはくれぐれも保険は保険料から選んではいけないということです。なぜ安いのか、安いなりの理由があるのです。住宅ローンが払えなくて家計が苦しくなっていてはそれを保険とはいえないと考えているからです。

ライフプランを使った保険見直しや住宅ローンに関してお気軽にお問い合せください。

【通話料無料】お電話でのお問い合せ

フリーダイヤル0120-929-943

営業時間/ 9:00〜22:00 年中無休

小松士郎のラジオのたまご 12月24日ラジオ出演 RKKラジオ「情報ソムリエ」

FPとの出会いが人生を変える
永野FPオフィス FP永野 修

Office:熊本市中央区水前寺4-54-21

お問い合せはこちら

【通話料無料】お電話でのお問い合せ

フリーダイヤル0120-929-943

営業時間/ 9:00〜22:00 年中無休

ネットからのご相談予約(完全予約制)

FP永野のブログ 毎日更新