住宅ローン・銀行選びでお悩みですか

【通話料無料】お電話でのお問い合せ

フリーダイヤル0120-929-943

営業時間/ 9:00〜22:00 年中無休

ネットからのご相談予約(完全予約制)

肥後銀行と熊本銀行、どちらがいいの?その違いを知らないと損する

打ち合わせ2

同じ変動金利だが全く違う肥後銀行と熊本銀行

今回は熊本銀行と肥後銀行と言う熊本では大きな銀行の住宅ローンの比較検討をします。熊本の住宅ローンはこの2行でかなりのシェアがあるはずです。

そもそも人生で1番高いマイホーム購入を素人のお客様が販売のプロと相対すと考えればどれだけ馬鹿げているか、それがどのくらい愚の骨頂かがわかると思います。

しかし熊本ではそんなことを考えることもなく竹槍でB29に突撃するような真似をする人たくさんなのでせめて基本的な住宅ローンの知識くらい持って欲しいと思い今回のブログにしました。

現在の日本は引き続き歴史的低金利となっていますがその恩恵を100%享受しているかというとそうではない人が多い。

例えば銀行の普通預金に入れておいても金利はせいぜい0.002%程度。これではいつまでたってもお金が増えるわけはない。にもかかわらず未だに普通預金にたくさん入れている人多数です。

だったら少しでも金利や利回りを求めて外貨建て終身保険や投資信託の話をすれば『リスクがあるから』『騙されたくないから』と目を背けます。要するに金融知識がないのです。

では貯蓄ではなく借りる方だったらどうでしょうか。住宅ローンもまた同じです。今や金利は変動金利なら0.38%からあるのですが熊本ではあまり使われていません。

熊本住宅ローン金利

 

金利の違いで100万円から200万円違うのだからFPに相談料を使ってでも利用すればかなりメリットがあるのに、です。金利というものにあまりにも無頓着なのが今の熊本の住宅ローン事情です。

ではそんな人はどんな住宅ローンを使っているのかといえば熊本では2つの銀行に分かれます。熊本銀行と肥後銀行です。誰が分けているかといえばそれはハウスメーカーのセールスです。

いつまでセールスが住宅ローンを誘導するのか、そんな時代はスマホの普及とともに終わっているのにかかわらずいまだやっている時代遅れ感に気がついて欲しい。

それでもこの2つ『熊本銀行』と『肥後銀行』の住宅ローンは確かに金利は高いですが内容はといえば決して悪いローンというわけではありません。

ただこの2つの銀行の住宅ローンですが同じ変動金利というだけで金利も違えば実は使い方も全く違うのです。そんなことをセールスが知っていて誘導しているのではない。

セールスにとって使いやすい銀行だからというのが1番の理由です。金利優先ではなくその他の要素も加味して住宅ローンを選びたいという方に今回はこの2つの住宅ローンを解説します。

熊本の変動金利は2つに分かれる

そもそもこの超がつくほどの低金利時代の住宅ローンの利用はやはり本来は金利というものを中心に選ぶのが普通なことのように感じています。いわゆるネット銀行のような変動金利で金利0.38%から0.6%くらいの住宅ローンです。

ただその一方確かに金利はネット銀行と比較すると高いのですが団体信用保険が充実しているのが上記2つ、熊本銀行と肥後銀行の住宅ローンです。

『ネット銀行の低金利のグループ』と『団信が充実しているグループ』どちらを選ぶのか?

実際の熊本の住宅ローン事情は選ぶことすらできていないので論外ですが本当はこの2つの変動金利のグループからそれぞれ選んでどちらかを借りるのがベストというものです。

ネット銀行 🆚 地元地方銀行(熊本の場合)

では今回は金利ではなく団体信用保険に魅力を感じて選ぶ場合に熊本銀行と肥後銀行の住宅ローンでは全く別物と言いましたがどう違うのでしょうか。

先に同じところは変動金利というところだけかもしれません。それだけ違うということをまずは理解してください。

熊本銀行肥後銀行

簡単に表を作成してみました。この2つの銀行を支払額でシミュレーションすると支払額に大きな違いはありません。つまり支払いという意味では互角と言えます。

1番大きな違いは住宅ローンの支払いが始めるタイミングと団体信用保険の適用のタイミングです。肥後銀行はつなぎ融資を使わないので基本的に金銭消費貸借契約が土地決済や着工時決済の前に行われその時から支払いと団体信用保険の適用がはじまります。

それに対して熊本銀行はつなぎ融資を使いますので住宅ローンの支払いは引渡し後になりますし団体信用保険の適用も同じです。つまりもし建築中に入院などになったら熊本銀行の場合団体信用保険の適用に影響します。

これは考えてみるとかなり怖いことかもしれません。もしかしたら団体信用保険が適用しないのです。もっともそれなら本審査終了後に生命保険の整備をすればいいだけなのですが違いを知らないのでそれもしない。つまりお客様のリスクに気がついていないセールスが実に多いのです。

金融商品には必ず利点と欠点がある

熊本銀行と肥後銀行の住宅ローンを比較してもこれだけの違いがあるのですがもっとも金融商品とは全てにおいて利点と欠点があります。

当オフィスで住宅ローン相談で考えるのはどうしたら欠点をなくせるか、何をしたら利点が生きるかを考えて利点が大きくなるのよう金融商品を組み合わせてご提案するようにしています。

問題はこの違いに全く気がつくこともなくハウスメーカーのセールスの言われるがままに銀行で申し込みをしているという無知な現況と言えます。スマホで検索するだけなのですがそれすらしないのです。

熊本銀行と肥後銀行の住宅ローン、どちらが自分たちの状況と環境にあっているのか?ネット銀行を考える前に熊本で家を買うならまずはこれを考えるのが最初なのです。

それすらしないで選ばせている、または選んでいる熊本のマイホーム購入の環境はFPの私からすれば首をひねるばかりです。セールスは家を得るプロなのです。

それならお客様はスマホで検索しつつ自分たちが詳しくなる必要があります。でもめんどくさいですよね。そんな時はご相談してください。

きっとあなたが求める答えが出ることでしょう。

住宅ローン相談 通話無料 0120−929−943 担当FP 永野 修

*当オフィスは無料相談や電話相談は一切やっておりません。ご了承ください。

ライフプランを使った保険見直しや住宅ローンに関してお気軽にお問い合せください。

【通話料無料】お電話でのお問い合せ

フリーダイヤル0120-929-943

営業時間/ 9:00〜22:00 年中無休

小松士郎のラジオのたまご 12月24日ラジオ出演 RKKラジオ「情報ソムリエ」

FPとの出会いが人生を変える
永野FPオフィス FP永野 修

Office:熊本市中央区水前寺4-54-21

お問い合せはこちら

【通話料無料】お電話でのお問い合せ

フリーダイヤル0120-929-943

営業時間/ 9:00〜22:00 年中無休

ネットからのご相談予約(完全予約制)

FP永野のブログ 毎日更新

新着ブログ記事もっと見る