住宅ローン・銀行選びでお悩みですか

【通話料無料】お電話でのお問い合せ

フリーダイヤル0120-929-943

営業時間/ 9:00〜22:00 年中無休

ネットからのご相談予約(完全予約制)

助太刀いたす!!熊本のフラット35

住宅ローン相談夫婦

金利が変わらない新フラット35

住宅を購入するときの多くの人は金利をどうするか悩みます。金利が安い変動金利かそれとも金利が変わらない安心感のフラット35か。

そのフラット35がH29年10月より制度が変更になりました。変更点は団体信用保険にあります。今までは団体信用保険は年払いで任意でした。

今回の新制度では年払いから金利上乗せ型(+0.28%)に変わりました。未加入の場合は金利から0.2%引いた金利が適用になります。

スクリーンショット 2017-11-01 7.22.29

団体信用保険のなう様も変わっています。今回から介護状態になった時にも適用になります。詳しいことはHPなどでご確認ください。

変更点
団体信用保険年払い → 金利上乗せ型
団体信用保険任意  → 金利ー0.2%
団体信用保険の保障内容

変動金利とフラット35を比較する前に過去の金利の推移を見てみます。よく日本は失われた20年という言い方をされますがバブルの頃までは金利も高かったことがわかります。

住宅ローン金利 FP熊本

その後バブル崩壊とともに金利も低下していきここ20年以上は低金利となっています。

金利が上がる、上がると言われて久しいのですが実際は下がり続けています。問題はいつまで下がり続けるのかです。本当にこの低金利が続いていくのでしょうか。それとも反転していくのでしょうか。

その答えは誰もわからないでしょう。あなたが金利上昇に関してどんな価値観を持っているかで変動金利かフラット35を使うかが決まるということです。

フラット35(S)からフラット35に借り換え

変動金利からフラットへの借り換えは将来の金利上昇への防衛的要素が大きいのですが、フラット35からフラット35への借り換えは大変効果が大きいです。

例えば2年前のフラット35Sからの借り換えでは約150万円の借り換え効果でしたし、5年前のフラット35Sでは355万円でした。

→ 何年前のフラット35であれば借り換え効果があるのか

→ 2年前のフラット35Sからに借り換え効果は150万円

フラット35からフラット35への借り換えはとても効果が大きいです。是非この低金利の時に借り換えをしておくと将来、金利上昇時に後悔しなくて済むのではないでしょうか。

弊社は三井物産の子会社ハウスデポパートナーズの取次店

弊社はフラット35を考えている方のためにハウス・デポ・パートナーズの取次店となっています。ハウス・デポ・パートナーズは三井物産の子会社なのでお客様に安心して提供できるという理由で選びました。

熊本県内または熊本市内でのフラット35に関してシミュレーションが必要な方はご相談ください。

フラット35も変動金利もあなたにあった住宅ローンをご案内いたします。
面倒なお手続きもいたしますので安心してご相談ください。

0120−929−943 永野FPOffice  フラット35担当 永野 修

ライフプランを使った保険見直しや住宅ローンに関してお気軽にお問い合せください。

【通話料無料】お電話でのお問い合せ

フリーダイヤル0120-929-943

営業時間/ 9:00〜22:00 年中無休

小松士郎のラジオのたまご 12月24日ラジオ出演 RKKラジオ「情報ソムリエ」

FPとの出会いが人生を変える
永野FPオフィス FP永野 修

Office:熊本市中央区水前寺4-54-21

お問い合せはこちら

【通話料無料】お電話でのお問い合せ

フリーダイヤル0120-929-943

営業時間/ 9:00〜22:00 年中無休

ネットからのご相談予約(完全予約制)

FP永野のブログ 毎日更新